強く 明るく より高く

夏はトライアスロンに山登り、冬はスキーにスケート、 2012年富士登山競走山頂コースついに完走。 残る目標は100kmマラソン完走(できたらサブテン)。 来年?再来年? 気長にいこう。 勇気りんりんアドレナリン♪

2007年10月

ウミホタル


夕べ少々強行軍であったが、館山の某漁港の桟橋までで出向き
(もちろん仕事は早退)
暗闇の中採集を試みた!
個人で出向いたのは4度目。
今回も一人で全てやってみた。

昨年以上に今年も様子がおかしい

いつもの漁港についたがいいは、
海面が異様に高い。満潮に近いのか?
さらにこれまでよく見られた海面の細かな光が全く確認できない

期待がもてない状態で採集にふみきったが、
やはり採集された個体は1mm程度の小ぶりのものばかり…
一昨年あたりまでは通常冬でも2~3mmのものが無数にエサ(レバーやちくわ)に食いついて釣れていた…
おおぶりのものは数個体だけ
実体顕微鏡で観察できるだろうか?

原因は地球環境の変化
それに加えて、3日前の台風襲来の影響か

とりあえず、ダメもとで午後から観察にTRY


渡航中のハプニング

ヨセミテ国立公園3日目のこと

エリア南部のマリポサグローブにて、セコイアの森林の中を歩いた。

Fallen Tunnel Tree を見て、Wawonaエリアを見渡せるビューポイントまでもう一息というところで、ハチの襲来!!


私のいたグループはガイドを含め16人
いつにない大勢が巣に刺激をしてしまったらしい。
(もちろん特に誰が何かしたわけでもない。)

女のコのひとりが首に刺されたのをはじめに、間もなくすぐ隣りにいた子が頭を2か所
かなり痛がっており、刺された箇所を確認
針らしきものが残っていて慌てて取り除いてあげた後、なんと自分の髪の毛にもハチ

ガイドのティムにすぐ取り除いてもらわなかったら自分もやられていただろう


この他に5、6人襲われ、服の上から腰に刺された人、指に数か所刺され腫れ上がった人もいた。

当然のことながら、その後の行程は取りやめ、即刻リターン
森の中のmuseumにて
食事中の別のグループと合流し、応急処置
症状が悪くなった様子は誰にも見られなかったので、少し落ち着いたところで下山

とりあえず大事に至らずに済んだ…


この2日前にヨセミテバレーでクマを見ていたこともあり、クマ対策はできていたが、
ハチについては想定外
ヨセミテ入りする前からそのような情報は全くなかった。

後で現地のレンジャーに問い合わせてみたら、俗にmeat beeと呼ばれていて北米に広く分布しているハチであろう、とのこと。
刺されても死に至るほどではないらしい。
巣は地中につくるらしく、外目からはわからない。

日本でも似たような報告を聞いたことがある。山道を行くときには、白い帽子を被り油断しないようにしたい。


ハチは白よりも黒系に向かっていく。

10月28日(日)快晴

4:00起床(ってか、勝手に目が覚めた)
まだ時差ボケだ


本日のトレーニング
6:40~ グッドモーニングベイサイドライド

1:20 38km
AVE 28.4km/h


台風一過で快晴
風も弱く、絶好のトレーニング日和
遠くの富士山もクッキリで気持ちいい

メンバーは5人
ペースはきわめてイーズィ
日本選手権で優勝した上田藍選手も一緒で、久しぶりに楽しいバイクライドだった。

10月27日(土)雨

本日のトレーニング
6:28~ SWIM

up 200
kick 400
pull スカーリング→スイム 50×16 1'15
pull 200×11 3'20"
BACK 200×1
Down なし

tatal 3800m 1:20


スイム後すぐ、プールサイドのトイレでランパンに履き替え、
トレーニングルームのトレッドミルで40分走る
6分/km
ラスト10~5分で傾斜をつけた


まだ時差ボケ中、11日ぶりにしてはよく泳いぎ、走った


台風去って、明日は好天か?

ロードバイク行けるかも?

サンフランシスコから帰国

先ほど成田に到着
JRの切符を買うと、帰国を実感する


10日ぶりの日本

日本選手権で藍ちゃん優勝したらしい

この勢いなら北京は行ける



米国での余韻と時差ボケがしばらくは抜けないだろうが、
土曜日からトレーニング再開じゃっ
ブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
higachin
  • ライブドアブログ